育成指導者

育成指導者

今、コロナの影響で各クラブで色々なアイディアで活動を維持しているクラブが色々な所でとりあげられている。

特にzoomなどをつかった、オンラインでの活動。
リフティングの技などを載せたり、家での自主練を載せたり、載せる内容は様々だ。
自分が気になったのは、選手とコミュニケーションをとる指導者がいて、とてもいいことだなと思った。
普段はグランドでしか接することないから、なんとなくお互い気持ち的に距離をとりコミュニケーションをとる。
トップチームとかと違って、監督の間にコーチ、フィジカルコーチなどいなくて、選手に厳しく、時には選手の味方になるないといけない。
素の自分じゃないけど、どこかで遠慮してる部分がある。選手達はただでさえ大人と子供の関係だから、緊張もするだろうし、ちょっとビビったりもする。
それを考えるとオンラインで選手と話すのはいいと思う。また、とあるJの下部組織はテーマを決めて、それについて話している。
活動が再開したら、団結というか、気持ちなど同じ方向にむくだろうな!
ただ、オンラインでは伝えきれないこともあるし、サッカーは基本現場はグラウンドだから、そこで指導者と選手は繋がらないといけない。