クライフ

クライフ

自分も最近になってクライフのサッカー哲学みたいなのがわかってきた

ほんのわずかだ
わずかのわずかだ
かなり奥深いと思う
10番を俺は走らせてた。
10番は何でもしないといけないという理論だった
クライフは違った